ボクらの時代 PUFFY(大貫亜美×吉村由美)×ピエール瀧

今朝のフジTV「ボクらの時代」は、PUFFY 大貫亜美(37)、吉村由美(36)とピエール瀧(43)の3人による面白トーク。どういう関係、この3人?同じ番組で共演してからの仲だという。いい感じで波長があって、話しがはじけて楽しい時間だった。

PUFFYは、大貫亜美×吉村由美の女性ユニット、96年奥田民雄の曲「アジアの純真」で大ブレーク、04年二人をモデルにしたアニメが全米で放送され、大人気となる。15年間世界を舞台に活躍している。

ピエール瀧は、俳優として直近だと「龍馬伝」で好演し、ミュージシャンとしてテクノバンド「電気グルーヴ」のメンバーとして活躍し、ゲームソフトをつくったりと多才な男である。

大貫37才、吉村36才、ピエール瀧43才、おばさん、おっさん年代!?
男は、40ぐらいでは問題ないというPUFFYの二人に対して、ピエール瀧は、自分をおっさん度100%だとみる。

さて、それぞれの学生時代は?
吉村は、自らにあるイメージ?ちょっとワルだったというのは、ある部分正解で、ただクラスの友達とも仲よかったが、不良とも仲がよかったという、振れ幅の広い学生だった。

ピエール瀧はというと、不良と仲が良く、生徒会もやりヤンキーと癒着していたと暴露する。大貫は、クラスの少人数の女子と仲がよく、派手な子とも仲がよかった。でも夜は、誘わない友達だった。この人も振れ幅が広い。

イメージでいうと吉村は、バイクでパーパ、パーパやってそうだが、本人、バイクには乗らない。よく、勝手にイメージ先行した話しが伝説として後輩に伝わっているという。

「同窓会」へはいくのか?
ピエール瀧は、いく派。周りをみるとびっくるするほど「オッサン」。昔の誰くん、誰ちゃん、と再会し恋に落ちるかもなんて全然ない。おもしろい現実は、遠い話し。

吉村は、同窓会で久しぶりに会いその変わりように「ウソ」でしょうとなり、それがショックだという。しかし、ピエール瀧は、勝手にこうだろうと想像していた相手にいい意味裏切られるのもいいと、楽しむ余裕を見せる。

夢は夢であってほしい、そう語るのは吉村。昔のイメージを壊されたくない。自分が好きだった人は、結婚していないほうがいい。そんな、好き勝手なことをいう。PUFFYの二人は、同窓会へは、いかない派。

友達がいないPUFFYの二人?
大貫は、仕事の関係で約束が出来ないし、電話番号交換もどうしていいかわからないと困惑気味。吉村も、友達が多いだろうと思われがちだし、派手な生活にみられると、誤解されている自分を話す。めんどくさくない友達が、いいらしい。

ツィッターをやったらというピエール瀧の提案に、PUFFYのツィッターはあるが、やり方が分からずマネジャーがやってくれているという。個人的なツィッターをやれば友達の繋がりができると勧めるピエール瀧。でも、あまり乗り気でないみたいです。

最近お酒を飲まない?
吉村の告白。どうして?酔っぱらうのがこわいのだそうだ。それは大貫も同じおもい。酔って何回も同じことを云ったり。醜態のあと知らないふりをしてあげればと、吉村のアドバイスがある。醜態をさらけだす=友達という公式をしめすピエール瀧。ピエール瀧は、酔っぱらいを満喫している。吉村とピエール瀧から大貫に「一回醜態をみせたほうがいい」と助言が飛び出す。

最近の若い子について?
女の子だと、榮倉奈々とは夏帆がいいと吉村がいう。残念ながら私は、この二人を全く知らない。おじさんです。そんな若い女の子をみて、ピエール瀧は、エロイとは思わないらしい。自分の子がこうあってほしい。例えば、浅田真央ちゃんとか、石川遼、斉藤祐樹とか。

そこで、ピエール瀧からPUFFYの二人に究極の選択「遼くん、それとも斉藤くん」どっちを選ぶ?と質問が飛ぶ。その答えは、吉村は、親としたどっちも困る。普通のこどもがいい。もっと、ばかがいいと思うと話す。

あえて、「遼くん、それとも斉藤くん」を聞く。
PUFFYの二人は、「遼くん」と答えた。その理由は?大貫いわく、遼くんの言葉のチョイスがいいそうだ。ちゃんとした両親に育てられた感じがする。それは、斉藤くんにもいえるとピエール瀧の発言に、斉藤くんの発言のよさがちょっと気になるという。もっと、調子にのってもいいのにと、吉村は気楽になればという親心だろうかそういう。

大貫はさらに、遼くんが17才で世にでていろんなプレッシャーと闘いながら成績を残してきたことを評価する。斉藤くんは、プロとして未知数ですね。それは、私も了解です。

サッカーについては、余り関心がなさそうなPUFFYのふたり。この二人、知りあって17年になるという。大貫のイメージは謎?家で漫画をかいていそうだと、ピーエール瀧。

普段、PUFFYの二人はどんな生活をおくっているのか?
大貫は、子供の世話で早起きし、子供を送り出し、FOXチャンネルで「モーニングサスペンス」をみる。仕事に向かい、帰ってきて子供を寝かしつけ、夜一人でまたFOXチャンネルをみながら刺繍をする。針仕事が好きなんだそうだ。

吉村は、朝はこれといって何もしない。夜の方がやることが多い。食事の買い物、支度。お風呂入り、布団の中でゲームをし、気がつけば外が明るくなっている。一日の半分は、遊んでいるらしい。

ピエール瀧は、家に帰り、晩御飯、次にこどもをお風呂に、子供を寝かせ、自分の部屋でゲームをする。かなりのゲーマーのようですね。朝までやっている。自分の時間が大事だという。

「ほけー」とすることが大事だと大貫がいう。精神のバランスを保つためにも。明日のほーけるために家事を段取り良くやるという吉村。一般的には、結婚、子育てに追われほーける時間はもてない、ピエール理論。

仕事をしているから、現実からはなれていいと、吉村。「浮かれた商売」だと自分たちの仕事をとらえるピエール瀧。

老後をどうする?
PUFFYの二人は、近くに住んでいたいという。大貫は、ロスと東京での生活をのぞみ、吉村は、東京でも少しのどかな雰囲気の場所で老後を送りたいと願う。二人でお茶飲んで、他人の悪口いってと、笑いながら話す。

いくつになっても多分、二人の関係性は変わらないだろうと、ピエールはいう。それは、二人とピエールの関係性についても同じこと。

ぶっちゃけトークが出来る関係の3人。終始笑顔で、そして時に真面目に、でも人生を楽しもうとするところが共感を呼ぶ。いろんな人生があり、それぞれ違うバックグラウンドをもち、考え方もさまざま、それでもどかか受け入れることが出来る関係がいい。ほどほどの距離感を保つ大人の関係、いいですね!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック