おかえり!お疲れ様!がんばれ日本!

サッカーワールドカップ日本代表選手が、関空に降り立ち、そこには多くの人が出迎え、一向をねぎらいと感謝の気持ちを持って表した。

帰国後の記者会見では、悔しさはぬぐいきれない様子だったが、
一つになった日本代表を印象づけるものだった。

記者会見後の、一人一人のインタビューが流れたが、
駒野選手のまわの同級生のねぎらいや励ましに助けられたと話したが、
試合直後の映像を見た時は、やはり誰にも話をしたくないじょたいだったろうと想像する映像が流れていた。

日本に帰る前の南アの空港で駒野がうつむいているのを、
誰だったか、顔を上げろよといった風に元気づけているのが心に残る。

ロッカーでの駒野の話。
5番手のキッカーだった闘莉王が、俺もはずしていたかもしれない、
そんなことを駒野選手にいったという。

今回、話題が集中した本田選手のインタビューも記憶に残るものだった。
ワールドカップ前の日本の前哨戦のふがいない成績の時、
みんなが、あんなにネガティブだったのが、カメルーン戦一つ勝つことで、
チームの雰囲気ががらっと変わったという。

やっぱり結果を出さないといけない。仲よし集団というだけではだめだと、言っていたのが凄くよくわかる。

中田英寿と本田との対談で、評価は試合に勝つか負けるかで180度変わる、そんな意味の事を言っていたのを思い出した。本田も、ある意味中田と同じで、ストイックなアスリートだと思う。

問われるのは結果なんだと、それが身にしみているようだ。
有言実行、これがプロの世界だといわんばかりに。
ある意味そうなのかもしれない。

イチロー、中田、本田、それぞれ出る杭はうたれるが、それも突出すると打たれなくなる、そんなことを知らしめているように思う。

まぎれもなく、今回のサッカー日本代表の監督、メンバー、たちは、
次に繋がるポジティブな要素を持って帰ってきた。

サムライブルーのアスリートたちは、多くのものを私たちにもたらした。
勇気、元気、団結力、人への優しさ、今我々が失いがちものを。

おかえり!お疲れ様!がんばれ日本!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック