勝ちにいかなければ、勝つことは出来ない

昨日は、戦うという事はどういうものか、
勝利することはどういうものか、
そのために何をなすべきか、それらを知らしめた日だった。

ワールドカップ、日本対カメルーン戦で、1-0でサムライ・ブルーの日本が勝った。

勝つという気持ちが選手たちから伝わり、しかも落ち着いて自分たちのサッカーが出来ていたように伝わった。

サッカー音痴の私でも、日本の選手たちが空周りすることなく落ち着いてプレーしているように感じた。

勝てば岡田采配が的中したことになり、
そうでなければ全く違う評価が下される。

先日、中田英寿×本田圭祐の対談で、
中田が言っていたが、「最高か最低なんだよ」と、
サポ-ターから受ける評価をそう言っていたし、よく頑張ったではなく勝たないと意味がないとも。

結果が全て、どんなサッカーをやったからこうだとか、
いろいろ専門的にはあるだろうが、
やはり勝ちにいかなければ、勝つことは出来ない。

それを、現実のものとして見せてくれたのが、
昨日の日本の試合だったと思う。

サッカーは判断力だと、茂木健一郎さんが自身のブログで書いていたが、
まさしく昨日の試合を見ていると、一瞬の判断が勝敗を分ける。

松井と本田のラインがうまく機能し、
それを生かすべき他のメンバーが一つになって戦った。

ワントラップし、振り向き蹴った本田のボールは、
カメルーンのゴールを破った。
一点が入った。

後半、危ない場面も幾つもあったが、
何とかしのぎ、少ないチャンスを生かした日本が勝ち、勝ち点3を上げた。

ワールドカップで初戦を勝利したチームが、予選を突破する確率は、
何と80%をゆうに超えるというデーターがあるという。

光が見えてきましたと、サッカー解説の人が言っていたが、
まさしくその通りである。

世界の舞台で、最近、政治、経済の面でも日本が勝利という場面にあまり出くわさない。
その意味からも、昨日の勝利は見る者に勇気と希望を与えた。

諦めずに、勝つという強い気持ちで立ち向かった日本に勝利の女神が微笑んだ。
それまで、しっかりとした準備をしてきた結果である。

サブのメンバーも含め、日本が総力で戦った勝利であった。
次のオランダ戦も、気負うことなく、あくまでも勝ちにいく。
そんな強い気持ちでいけば、勝機は訪れる。

ピッチの上では、皆対等である。
勝負は下駄をはくまでわからない。

夢はかなえるものといったアスリートがいたが、
全ての人にいえることだ。

おめでとう、日本!

日本対カメルーン 本田のゴールシーン YOU-TUBE

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック