日常から非日常への変化

昨日の午後、寒さも少し緩み、
このタイミングを逃すと出かけられないと思い、
気になっていた、神戸の西にある塩屋のグッケンハイム邸へと向かった。

去年の夏にお邪魔していらい、
今回が二度目の訪問となる。
私の知り合いのいつも元気な女性、
阪井さんが、プロディースしている「彩カフェ」をのぞいてみることにした。

とりあえず、二階にあがりギャラリーを覗く。
趣味で書いているメンバーの方たちの、
暖かみのある作品に出迎えられた。

一通り見た後、一階の「彩カフェ」に入る。
古びた縦長の扉を開けると、
幾つものテーブルが置かれ、
食事をしたり、ティータイムを楽しんだりとのどかな雰囲気が見られる。

私は、長居はできなかったのでとりあえず、
コーヒーを注文し、しばらく時間を過ごす。

何の文脈もない人どおしでも、
同じテーブルで違和感なく、
静かに過ごせた。

たまに普段のペースと違う、
時間の流れの中に自分を置くのもいいものである。

なんだか不思議に気持ちが落ち着く。
肝心の阪井さんはというと、
あわただしく接客に追われていた。

阪井さんが、
自分で企画し、友人の応援もえながら、
無事最終日にこぎつけられよかったなあと思っている。

着物が好きな阪井さん、
着物を着て出かけてくださいと、
そんな場所を提供している。

何人かの着物の女性と出会う。
ごく自然にその場に溶け込んで見える。

日常から非日常への変化を十分に、
楽しませてもらった。

昨日が最終日だったので、
無事終えたら苦労した分、
喜びも大きいことでしょう。

きっと、阪井さんの脳は、
ドーパミンというプレゼントで埋まっていることでしょう。

また、今度はどんな楽しい企画を考え、
私たちを楽しませてくれるのか、
次回の「彩カフェ」に期待しよう。

画像

塩屋の駅を出るとこんな路地にであう
画像

山陽電車のこの踏切を渡り、石段を上るとグッケンハイム邸へのアプローチとなる。写真の左、松の後方ににグッケンハイム邸の屋根がみえる
画像

グッケンハイム邸のエントランス
画像

レトロな照明器具が癒しを生む
画像

優しさ溢れる作品展
画像

着物を楽しむ女性たち
画像

陽だまりが心和ませる
画像

冬の海も穏やかに見える

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

motoko
2009年01月13日 22:55
お忙しい中、彩(irodori)カフェにお越しいただき、ありがとうございました。
二回目となる今回は私の至らなさからフロアの仕切りがうまくいかず、今日はドーパミンどころか反省しまくりです。
しかし落ち込んでばかりではいられないのです。次回は3月開催が決まっています。現状をしっかり見つめ、よりよいものにできるよう努めたいと思います。
三回目の企画内容が決まったら、またご挨拶に伺いますね。
今後ともよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック