我が家のご馳走

毎日の家内との会話の大事なテーマの一つ、
「今日の晩ご飯何にする?」
自営業で二人の生活には、避けられない話である。

いや、そう食べたいものって、
ありそうでない、いざ聞かれると即答出来ないことが多い。

でも何かを食べないといけないので、
我が家のレパートリーを紐解いて、
何がしかのメニューが決まっている。

昨晩も同じような、展開であったが、
その前日外食をしたので、昨日は簡素にと話あった。

最近あまり食べていないものないかな?

そうだ、あれだ!

毎月曜日、我が家には新鮮たまごが宅配される。
思いついたのが、炊き立てご飯に卵を割りいれる、
「卵かけご飯」、お醤油を少しかけて。

そういえば、私の幼い頃のご馳走も、
卵という時期があった。

暖かいご飯を食べれる、それが幸せと感じていた時代があった。
飽食の時代になり、こんなにシンプルでおいしいものを忘れていた。

それと、冷蔵庫のありものメニューで「野菜炒め」、
頂きものの「ゆず」を絞り、いい香りだった。

かぼちゃの煮物、枝豆、お漬物が加わりなかなかの、
献立ではないか、そう納得した。

余りにも、当たり前に食べているので、
食べれていることに、何の疑問も感じていない。

健康であるから、食事も進み、
それも、当たり前ではないはず。

夕飯を終わり、私たち夫婦の互いの感想は、
「おいしかったなあ」「うん、おいしかったね」であった。

穏やかでいられる事に、感謝、感謝!

う~ん、さて今晩の献立やいかに?

茂木健一郎氏が以前、読売ウィクリーで書いていた事を思い出した。
「人間の脳は贅沢なもので、いつでもその時々にはない希少なものを求める。
周囲に自然があふれている間は、文明生活に憧れる。都市化が進み、
モノがあふれてみると、今度は手付かずの自然に触れたくなる」・・本文より

そう、無いものねだりになりがちです。
よくよく、考えれば贅沢に慣れてしまっている。

過去が教えてくれた教訓も、簡単に忘れがち。

我が家のご馳走は、元気で二人で食べられている事かな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ビールのつまみは冷蔵庫の余りもので☆

    Excerpt: ビールとつまみが大好きです^^ 酒だらけのブログですが是非覗いてみてください! http://namabi-ru777.seesaa.net/ コメント・トラバ・相互リンク大募集中です! 記事.. Weblog: 焼酎・ビール.com ~プレミア焼酎ならおまかせあれ~ racked: 2007-09-25 00:17