須磨寺ものがたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 普段から口角を2ミリ上げる

<<   作成日時 : 2012/01/27 14:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

約一年前から予備的な話から始まり具体的な講座が11月からスタートし、昨日で須磨観光協会主催の「おもてなし講座」の3回シリーズの最終回を終え、一区切りがついたところです。

昨日は、神戸の某百貨店の現場にたつ方のお話を聞くこととなった。私たち、商店街で商いするものとは違った面があり、話に興味を感じ、楽しみにしていた。実際にどう接客をし、何にこだわり、それを具体化するのにどうしているかを、講師の方の説明を聞くことになった。

流石、百貨店。事細かく顧客分析をし、どのような対応をしていけばいいかと、日々現場が訓練の場となっていることを知ることとなった。実践の中で培ったものが醸成され、自分のものとなり、自然と笑顔で応対できるようになるものです。

黙っている時の表情は、どちらかというと硬い。ややもするととっつきにくく、普段から口角を2ミリ上げるように意識し、準備しておくことが、笑顔づくりの基本のようです。それが、心からの笑顔に変わっていくようになればほんものです。

どなたにでも同じように対応するように、一番のおもてなしはやはり、お客様への笑顔での応対でしょう。それから自分から商店街の人に声をかけ元気に挨拶することを癖づける、これも大事です。

「待つ」のではなく自分から声かけをする。

普段やっていないと、とっさの時に反応ができなくなる。日々の積み重ねが大切です。「小さな努力」とよくいいますが、まさしくそれを重ねる以外にはありません。

「努力は、人を裏切らない」といいますが、それを昨日体感した。たまたまの都合で予定が変わったが、その事でお会いすることのない方にお会いすることができた。何が幸いするか分からないものだと痛感しました。

諦めないことですね。しぶとく、粘り強くやっていれば、チャンスは巡ってくる。錦織圭のごとく、ボールを拾って拾って拾いまくり、相手の集中力を切らせることができれば、勝機がめぐってくる。簡単ではないが、やるしかないのです。

おもてなし講座が終わり、これから実際の場面で思い返しながら実践していかねばなりません。これでいいという限界はありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
普段から口角を2ミリ上げる 須磨寺ものがたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる