テーマ:

朝6時過ぎの国道2号線

「おはようございます。」 「ああ、おはようございます。」 朝ブラで会った顔見知りの方とご挨拶。 毎日、同じルートで歩くけれど、 微妙に出会う人も違うし、 目にはいる風景も違う。 今朝のスマホ写真は、 朝6時過ぎの国道2号線。 須磨の天神さんの近くで撮りました。 踵から着地し、つま先を意識し、 歩いてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「弘天さん」のリニューアルが終わり

昨日、須磨区の須磨観光協会が秋のスタンプリーのテーマとして揚げた「須磨の神秘スポット」の一つ、須磨寺前商店街・北詰のお大師広場横にある「弘天さん」のリニューアルが終わり、綺麗に生まれ変わりました。 土部分の一部を石に引き換え、五角形の輪との調和がより鮮明になりました。そして、今回から浄財箱を設置させていただきました。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋を感じました

いいお天気が続く神戸。 特に朝歩きの時、季節が秋に向かっているのを感じます。 今朝も須磨寺の参道筋のお家の庭に、 秋を感じました。 ふと目に留まったその先に綺麗な花が咲いていました。 心地よさをいただいた。 そっとスマホを取り出し、 撮ってきた。 そのあとの歩きの時間も軽やかでした。 今日も笑顔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋は、行楽のシーズン

9月直前になり、にわかに秋のイベントの準備や、 勉強会の段取りと忙しくなってきました。 9月2日(日)須磨寺朝市  9月16日(日)須磨海岸文化祭 9月28日(金)商店街活性化の勉強会 それと、9月は、秋のお彼岸月です。 門前町商店街須磨寺前商店街は、 彼岸大師をはじめ、 お彼岸で須磨寺にお参りの人たちが多く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

程よい飴色になる

昨日の雨には、 翻弄されっぱなしだった。 お陰でイベントの片づけが今日に持ち越しとなる。 今日は、風がやたらと強く吹いている。 雨のあと、寒くなると言っていたが、 その通りになってきた。 来週の日曜日「須磨かるた大会」があり、 その準備の最終チェックにはいる。 まだ、まだ気の抜けない一週間が続く。 久しぶり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

須磨寺楽市

昨日、午後3時より 資料片手に商店街の、店を訪ね、 11月1日(日)に行われる須磨寺楽市(フリマ)の、 準備にはいる。 商店街を使ってフリマを開催するために、 場所の確保のため、 商店街の会員のお店の了解をえて店の前を使う。 楽市参加者の募集を月末に控え、 そのための下準備といったところ。 60名以上の方が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の彼岸

来週の日曜日は、秋の彼岸の入り、4連休となり、 今月は例月と違って、「彼岸大師」とよばれ ここ門前町の須磨寺では多くの人でにぎわうでしょう。 幸い、予報によると天気は、まずまずのようで、 行楽日和となりそうです。 私たち須磨寺前商店街にも、 沢山の人たちが来られることが、期待できる。 彼岸大師に向けて、 一昨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生とは、「偶有性」にみちたもの

“今日は、須磨寺前商店街です、 本日、すぐそこにある自治会館で、 「須磨百首かるた」をやっているところを、 見ていただけます”と、商店街を通る人たちに声をかける。 通りの路地を入った処に、 「須磨寺町自治会館」があり、 そこで昨日、「須磨かるた大会」のプレかるた大会をやり、 20名以上の参加をいただいた。 全く、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

思い出を描ける今は

朝、店の開店準備をしていると、 手に手に画材を持った集団が、 須磨寺へと向かっていった。 様子から見ると中学生のようだ。 4クラスぐらいだったかな? 画用紙をとめる大きなバインダー、 肩にかけれるように紐がかかっている。 ここ須磨寺では、決して珍しい光景ではない。 気候がよくなり、写生に来る小中学生、 あるいは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こういう季節感を大切にしたい

中国産の冷凍野菜による、 「食の安全」の問題とともに、 季節感とか「旬」というものに、 日本人が鈍感になっているという、 疑問符をかかげる記事を読んだ。 昨日の産経新聞の朝刊に、 {蛙の遠めがね}、 「日本人の季節感が危ない」 ・・石井英夫氏・・ が、掲載されていた。 冷凍インゲンを例に引き、 本来「インゲ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨にもまけず

今朝6時、天気が気になり窓を開ける。 予想どうり雨、どうしようかと悩む。 今日は、「第16回須磨寺楽市」。 準備をしている方がいるので、決行することにした。 雨が少しながらも、 みなさんの頭にあたる。 足元の悪い中、フリマへの出店者のひとも、 来場者のひとも、たくさん参加していただいた。 雨は、終日降ったけれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドーパミンが、ほとばしる瞬間

さわやかな天気の中、 土に戯れ、 普段の生活と違う非日常を味わった。 昨日の朝9時に須磨寺交番所横の駐車場に集合した、 27名の参加者とともに、 私は、恒例となった「農業体験」のために、 神戸市西区の「神出ファームビレッジ」へと向かった。 マイクロバスに乗り、 出発して40分ほどで、 目的地に着いた。 現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

源氏物語「須磨」「明石」紀行

今年は、源氏物語1000年紀にあたる。 光源氏にとって大きな転機となったのが、須磨・明石であり、 また、その源氏物語の中でも、 最初に書かれたともいわれるのが「須磨」「明石」です。 須磨の侘び住まいでは、 月を眺め、歌を詠み、音を奏でるなど、 唯一女性と縁のない日々を送ります。 光源氏の心を癒したのが、 「須磨の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

須磨と月

心配した台風は、神戸はそれたようです。 秋のお彼岸大師が今日、明日の2日間、 須磨寺であり、朝早くからお寺にお参りに、 また墓参りに来られる方が、多く見受けられる。 まだ日中は、暑いと感じるけれども、 日差しは秋の模様に変わっている。 暑さ、寒さも彼岸までといいますが、 季節はゆっくりと変化を見せる。 今年は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子ども達の元気な太鼓の響き

晴れという日を与えられことに、 感謝をし、無事一つのイベントを、 終えられた。 何度となく、繰り返してきた催し。 何回やっても、毎回違う。  これで、よかったのか、 来られた人たちは、 満足してもらえたのか?  いつまでたっても、 永遠の課題かもしれない。  何事もなく、終了した、 そのことに、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ明日は神戸・須磨寺楽市

今日も、いいお天気となりました。 まだ紅葉には、早いが、 ぐっと秋らしくなり、 肌寒さを感じるようになってきた。  いよいよ明日は、秋の「須磨寺楽市」が開かれる。 須磨寺前商店街をメイン会場として、 70弱のフリマが、出ます。  イベント会場である、「お大師広場」では、 新鮮野菜の即売、餅つき、 午後からは、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more