勝って兜の緒をしめよということでしょう

なでしこジャパンが澤選手がいない中、若手メンバーの活躍でアメリカに90分以内で初めて勝った。おめでとうございます。しかし、喜んでばかりではいけない。そう、コメントしたのは、長野五輪スピードスケート金メダリストの清水宏さんでした。

なぜなら、今、アメリカも含め各チームロンドン五輪に照準を合わせて調整中なので、アメリカに勝ったからといって、手放しで喜ぶことではない。客観的に分析し、相手ももっと強くなってくるので、さらに日本はパスの精度を上げたり、戦術の練り直しも必要となるかもしれない。

オリンピックで勝つ。それが、どの国も目指している目標だ。勝って兜の緒をしめよということでしょう。さすが、何度もオリンピックにでて、勝つことの難しさをしっている清水さんらしい冷静な分析だった。

勿論、なでしこジャパンのメンバーも佐々木監督も気持ちとして浮かれている様子は微塵もない。しかし、勝利は勝利だ。それに対しては、素直によくやったと思う。

状況分析においていろんなデーターが示されるが、その持つ意味は二面性ありで、どう読み解くかによる。TVのコメンテーターの意見を鵜呑みするのは要注意。

人のいうことに対してもそうですね。いろんな事を人はいってくれます。それらを一旦引き受けたうえで、精査し、自分の結論へと導いていく。今回、ある決断をした。その事に対していろいろなご意見があるだろう。それも、予定調和として進めていこうと考えた。


『決して失敗しないのは、決して挑戦しない人だけである。』
  イルカ・チェース(アメリカの女優)・・フェースブック友達のKさんのウォールに書かれてました。

背中を押してもらいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック