新たな偶有性の海に飛び込む 須磨かるたを楽しむ会

画像
今日は、午前に神戸商工会議所のメンバーの方たちの須磨寺前商店街の視察があり、午後からは、「北須磨福祉センター」で「須磨かるたを楽しむ会」があり、充実した時間を過ごした。

午前中は、須磨寺前商店街のお大師広場で「須磨寺朝市」が開かれ、いつものようにたくさんの方が、新鮮な野菜の争奪戦を繰り広げ、ものの20分ぐらいでほぼ完売。神戸商工会議所のメンバーの方たちの商店街視察もあり、その光景に圧倒された様子だった。そのご、自治会館で「須磨の歴史」について須磨歴史倶楽部の西海先生の講義があり、皆さん熱心に聞き入っていた。

そして、午後2時より「北須磨福祉センター」にて、「須磨かるたを楽しむ会」が開かれた。あいにく、午後からは、激しい雨、はたして何人集まってくれるか不安だった。それが、余計な心配だと思えるぐらいにたくさんの人達が集まってくれた。

親子での参加、婦人会の人の参加もあり、総勢33名の参加を得ることが出来た。これも、北須磨福祉センターの「ふれまち」の公式行事として取り上げていただき、「ふれまち」のメンバーの方々の大きなバックアップがあったればこそ実現できたといっても過言ではありません。

西海先生の「須磨かるた」の説明を聞いていただき、その後「ミニかるた大会」をやった。最初は、不安げなこどもたちも、読み手の声が聞こえると、表情は一転、真剣そのもの。下の句の一文字が読まれるや、「はい!」と大きな声が会場に響いた。

札をとった子供は、ちょっと得意げで、互いに意識し合いながら、かるたを前に火花が散った。もともとある闘争心に火がついたようだ。初めてとは、到底思えないぐらい、積極的にかるたと格闘していた。

まだ、まだ知名度の低い「須磨かるた」ですが、今回の企画で少しでも裾野が広がればいいなあと思っております。2回目の「須磨かるたを楽しむ会」は、10月24日(日)午後2時より「北須磨福祉センター」で行われます。気軽に楽しめます。気軽に参加してください。

尚、「第4回須磨かるた大会」は、10月31日(日)午後1時より、須磨寺本坊で開催されます。かるた大会への参加、見学は無料となっています。多くのかたが来ていただけるを、楽しみに、お待ちしております。

今日は、はじめて「須磨かるたに楽しむ会」を開催し、案ずるよりは生むがかたしといいますが、まずやってみるべしだと、実感できる内容だった。思い悩んでも何も進まないし、生まれない。どうせなら、やってみよう。いい意味の開きなりも必要だ。

現状を打破するには、自分自身がまず脱藩し、新たな偶有性の海に飛び込むことが先決。多くの勇気と元気をみなさんに頂いた。胸のつっかえが、一つ消えていく快感を覚えた。

関係者の皆さん、参加して下さった方々、有難うございました。

須磨かるたを楽しむ会=須磨かるたプレ大会」
日時 10月24日 (日)午後二時より

第4回須磨かるた大会
日時 10月31日(日)午後1時より須磨寺本坊にて

いずれも、参加、見学ともに無料です。

<問合せ先>
須磨寺前商友会 吉川幸三
℡(078)731-1487

須磨かるたを楽しむ会の様子
画像


画像


画像

この記事へのコメント

西神戸支部 村上
2010年10月04日 16:41
当日はありがとうございました。

企画段階から参画頂き、事前準備等々
本当に助けて頂きました。

今後ともよろしくお願い致します。

この記事へのトラックバック