ボクらの時代 中村勘太郎×藤原竜也×高橋大輔 後篇

先週の「ボクらの時代」と同じく、今週も中村勘太郎×藤原竜也×高橋大輔 の3人組の楽しいトークが爆裂する。お酒もはいり、プライベートに踏み込んだ話題も飛び出す。兎に角、始終、笑顔の3人。さて、何を話したのでしょうか?

2年半の間に起きたことをふりかえり、時間の経過に驚く中村。前田愛と7年半の交際の末、2009年10月28日に結婚している。藤原は、ロンドンでスリにあっていた。根こそぎもってかれた。ロンドンの家の鍵、東京の家の鍵、運転免許書、助かったのはパスポートだけ。

そこで、藤原は、とんでもない人を犯人かと疑う。その人とは、藤原の英語の先生なんです。実際は、違うのですが余りにもそっけなかったから、ひょっとしてと藤原の頭をよぎった。

結婚をした中村は、結婚はいいものと二人に打ち明ける。

2年半前、3人があった時、中村がこんなことを聞いている。
彼女の血液型は、何が多い。
高橋は、A型、藤原は、O型、中村は、B型と答えている。

中村の結婚生活について

7年間の前田愛との付き合いの間、藤原は映画でなんどか前田と仕事をしている。その時の藤原について、前田は、よく愚痴をいっていたとこぼしていた。中村と妻とは、距離感がいいそうで、中村家には決まり事がない。

行ってらっしゃいのキス、お帰りのキスは勿論すると、当たり前顔で答える中村。それは、父と母がそうであったからと、ご挨拶キスは、中村家の伝統を受け継いだものという。これまで指輪というものをしたことがなかった中村、まず結婚指輪をはずすなんてことはない。そんな、怖いこと出来ないと奥さんを気にかける。

藤原は、中村の妻・前田は、しっかりものだという。
ここで、高橋がビックリ発言をする。

高橋は、前田は憧れの女優で、ファンだったという。それを聞いた中村、妻が喜ぶよという。前田は、高橋のファンでもある。

恋愛について藤原はどう考えているか?

藤原は、自分のテリトリーが大好きで、そこしか知らないから、すぐに彼女を自分のテリトリーに入れたがる。そんな藤原に高橋は、自分の中に藤原はいれなさそうなのにと、以外な感じをもつ。

同じフィギュアーの織田が結婚、そしてお相手は妊娠していた。それについては、高橋は世界選手権の後で、知ったという。占い芸人・島田にみてもらったら、高橋の結婚適齢期は、7年後の31才とでた。結婚をして家飯がふえた中村。健全な食生活を送るようになったという。それまでが、あまりにもめちゃくちゃだったから。

藤原は亭主関白になる?

藤原は、家に帰ると冬場なんか風呂の用意が出来ている、そんな光景を浮かべる。それについては、中村も高橋もこだわらない。中村は、その時の状況を受け入れるタイプ。ビールが冷えてなければ、氷をいれればいいと、懐の深さをみせる。

高橋は、「やあ、ビールは、やっぱり冷えてないと」と、ビールの冷えにはこだわりをもつ。

この2年半で高橋の女性観は変わったか?

前は、とにかくいそがしく家にいないことも多かったので、帰ってきても家に相手がいなくても嫉妬はしないとおもっていた。ところが、この2年半、怪我をし、リハビリを経験し高橋の心境の変化があったようだ。

TVでは、彼女の存在を明かしたことがなかった高橋。お酒のせいか、気分がのってかわからないが、どうやら付き合っていた彼女がいたようだ。怪我をして、かえって相手を束縛してしまう自分に気付いた。彼女にとって、その頃の高橋は、重たかったのではと、振り返る。どうも、今は彼女はいないようです。

今だと、いい距離感でつきあえるかもと高橋はいう。もし、いい人と出会ったら、はまってしまいそう。

結婚はと、中村の問いをはぐらかし、藤原は男と年令をかさねることについて話しだした。今は、結婚をあまり意識していないのかもしれない。

男にとって年令を重ねることが素晴らしいこと。藤原はそう考え、28才になり少し、仕事を自分を客観的に見れるようになったと話す。それに応えるように、中村は、4年ぶりに踊った踊りに疲れを感じて悔しかったが、それはそれでいいと受け入れ、今の方が楽しく踊れるようになったと、自分の成長の変化をしめす。

高橋は、2年半前バンクーバーで金メダルをとり、引退するといっていた。はたしてその通りなのか?

今は、怪我をし、リハビリで乗り越え、オリンピックで銅メダルをとり、状態がよくなってきているのでもったいと感じ、ソチ大会までとなるとわからないが、当面は来年の東京で開かれる世界選手権を目指す。

互いのスケジュールを調整し、大阪で会いましょうと次回の再会を楽しみにしている3人。

中村が芯となり、末っ子の藤原が少年のように感じ、高橋が藤原より年下なのに落ち着いてみえるという、アンバランスがとても見ていて楽しい。互いのしばりがなく、素の状態でつきあえる3人の男たち。歌舞伎役者、俳優、フィギュアースケーターという分野は違うが、みんなある意味アスリート。全身全霊で戦っている。

今後も、互いを高め合ういい関係がつづきそうです。
今週も楽しませたもらった。

この記事へのコメント

あん
2010年08月11日 22:42
はじめまして。すごくうまくまとめてくださって読みやすかったのですが。すごく気になるところがあって…
まず彼女の血液型は 竜也君はA型 勘太郎君、大輔君はB型だったと思います。
そして愛ちゃんの仕事の愚痴は勘太郎君のジョークですよね。
竜也君がしっかりしてるねと言ったのは28歳で…と言っていたので勘太郎君のことでしょう。
よけいなお世話ならごめんなさい。
シニアブロガー
2010年08月12日 09:19
あんさん
コメント有難うございます。
血液型の件は、家内にも確認しましたが、ブログであっていると思いますが、ビデオを削除したので確認できません。
愛ちゃんの話しが、ジョークでいったというのは理解しています。

これからも、よろしくお願いします。

この記事へのトラックバック