諦めない強い気持ちを持ち続けて

大本山須磨寺ー須磨寺前商店街ー綱敷天満宮を結ぶ、「須磨智慧の道」で昨年末から今年の始めにかけて行われた「須磨智慧の道ウィーク」を、今年も継続することを確認し、スケジュールを調整した。

今年2回目となる「須磨智慧の道ウィーク」について、
昨日会合を持ち、忌憚のない意見を交換し合った。

今回のメンバーはいつものメンバーに加え、若手が増え、率直な考えを聞くことが出来た。

今年は、受験生と受験生の家族の応援のための方策を、
よりきめ細かに、楽しめるものにしようと考えています。

この先何が起こるか分からない偶有性の海に飛び込む、
若者たちが受験を乗り越え、新たな時代を迎えられるように応援しています。

今年は、須磨寺、須磨寺前商店街、天神さんで、
それぞれ智慧の輪くぐりを設置し、
智慧の道巡りをしてもらおうと準備に入ろうとしております。

「しっかりと準備したものに幸運が訪れる」といいますから、
夏休みを含めラストストスパート、体調管理に気をつけてがんばってください。

やるべきことをやった後は、神や仏に接するのも心休まりいいものです。

ゆっくりと散歩をする気分で、歩いていただき、
短い時間で須磨智慧の道を通ることが出来ます。

「通れば通る」須磨智慧の道、誰がいったか知らないが、
人伝えにそう言われております。

何ごともなく過ぎていく時間というもはなく、
いいこともそうでないことも渾然一体としてあるのが世の中です。

この間サッカーワールド大会でも日本がベスト4を目指したから、
全ての試合に勝ちにいくという姿勢が現れ、
決勝戦まで進むことが出来た。

諦めない強い気持ちを持ち続けて、
何ごとにも向き合っていきましょう。

今日の茂木健一郎「クオリア日記」坂本龍馬の人生の時々刻々を想像することで、ひんやりとした偶有性の風に自我をさらさなければならない。・・より引用

脱藩するということは、すなわち、これまで自分を守ってきてくれた有形無形の組織、システムから離れて、人生の偶有性に身をさらすということである。

 そこには、「成功」の保証など、どこにもない。最後は必ずハッピーエンドになるという必然もないのである。むしろ、あるのは、一寸先は暗闇であるという見通しの悪さ。そして、胸の中にうずく不安。今までいたぬくぬくと温かい場所から一転して、ひんやりとした風が直接自分に吹き付けるという環境の変化がある。

 もともと、私たちの人生に、絶対的な安全、確実など存在しない。「脱藩」することで、私たちは特別な冒険に出るのではない。むしろ、人生の最初から何も変わることがない、不変の条件に回帰するというだけのことなのである。
・・続きはクオリア日記を読んでください。

画像

昨年の須磨寺前商店街・お大師広場に設置した「智慧の輪くぐり」です。
綱敷天満宮の宮司さんにより「清祓い」の神事が執り行われた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック