春の訪れを桜の蕾が語りかけてくる

今日は、天気もよく絶好の散策日和、
しかも今日から彼岸の入り(結岸は24日)ということで、
須磨寺へのお参り、墓参りに行かれる人が一足早く春を感じている。

たまたま、お寺に用があり桜の様子を見たが、
蕾が緩み始めた頃、そんな状態で、
まだ咲くところまでいかない。

春の訪れを桜の蕾が語りかけてくる。
もうすぐ咲くよと。

須磨の桜の名所の一つとして、
ゆっくりと公園を散歩したり、
お寺にお参りしたり、桜散歩に出かけるのもいいでしょう。

須磨寺の各お寺にも桜が咲き、
本坊前には、「枝垂れ桜」がそれは見事に咲き誇ります。

地元のものが「桜坂」と呼ぶ坂があり、
桜の咲くころは、桜並木となりくる人たちを喜ばせてくれる。

お弁当持参でゆっくりと桜を見ながら、
須磨寺公園でおしゃべりするのもいいでしょう。

春は、人を元気づける。
外に出ましょう、陽気に誘われて。

画像

須磨寺本坊の庭で春をまつ桜の蕾

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック