ちょっと躊躇しながらも

急に気温が上がりだし、
春から一挙に初夏のような陽気である。

そんな中、昨日須磨寺前公園で、
桜のシーズンにあわせて、
提灯をかざり、一足早く設えをした。

10名近くの商店街関係の人が、
午後から作業を行った。

提灯の取付中に、
公園にいる小さな子供たちが、
不思議そうな顔をして赤い提灯をみている。

丸い提灯がどんな風に感じられたのだろうか?
2,3才の子供にとって、
異次元の世界にうつっているのだろう。

提灯の蛇腹になったいるのをひっぱると、
同じようにしてみようと、
手をのばしている。

ちょっと躊躇しながらも、
うまく伸ばせると、
にっこりと笑顔をみせてくれる。

桜の木だけしかなかったところに、
赤の提灯が仲間入りし、
雰囲気に和やかになった。

赤い提灯を見て感じる「クオリア」は、
見る人によって、
さまざまなものを与えるでしょう。

このまま、暖かい日が続けば、
桜の開花は、早まるかもしれない。

神戸は開花予報では、
3月27日ごろといわれている。

今や、遅しと桜の蕾が、
スタンバイしている。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック