紅梅の赤が

今日の午後から、初めてお会いする方たちに、
これまでの自分たちの地域活動についてお話しする。
幸い、昨日からの雨はやみ、曇りのお天気になった。

昨日も世話役のKさんから何度も電話を頂いた。
あいにく、その都度私が留守にしており、
3度目にようやくお話が出来た。

今日の確認のために、丁寧に連絡をしてこられた。
18名ぐらい来られると、聞いております。
その人たちのまとめ役が、Kさんなのです。

どんなお気持ちで連絡をしてこられたかは、
Kさんの声を通じて、私に伝わってくる。

一生懸命に皆さんのお世話をされているのが、
素直に私の所に届いている。

Kさんも、随分と緊張をしているのだろう。
私もいい緊張感をもらっている。

今朝も、なにやら気になることがあるようで、
Kさんから、電話があった。

私にも経験があるので、
始まるまでの落ち着かない様子が、
目に浮かびます。

私としては、ありのままにお話しする。
特別なことをしてきたという意識は、
私たちの地域の人たちにはないので、
普段の様子を伝えるだけと、心に決めている。

今日の皆さんとの出会いという、
一回性を大切に、気持ちよくお迎えしよう。

一雨ごとに寒さが変わる。
それらを繰り返しながら、春へと向かう。

最近、弊店の仲間入りをした、
「枝垂れ梅」も、じっと春をまっている。

少しずつ、蕾を膨らませながら、
紅梅の赤が顔をみせる。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

いそしぎ
2009年01月23日 21:12
こんばんは。
先日は、ブログの方にお越し下さいまして
ありがとうございました。

御大師さまに続き、地域活動の報告会
お疲れ様でした。
「一期一会」大切にしたいですね。

毎日、お忙しくされているご様子ですが
ご無理なさいませんように・・・

春を待つ「しだれ梅」の赤い蕾、かわいいですね。
昨年の今頃は、綱敷天神の早咲きの「紅冬至」
とてもきれいでしたが、今年はどうでしょうね。

余談ですが、今は高校になっていますが、
遠い昔、疎開先から、もと「旧制女学校」に
通学していましたが、その旧制女学校卒業生の方が
須磨寺周辺と、商店街に何人かおられるのですよ。

何か不思議なものを感じています

「三温四寒」の言葉通り、気温が定まりません。
お風邪などにお気をつけくださいませ。

この記事へのトラックバック