「うぉー」と歓声が上がる

今日は、典型的な冬の空模様となり、
朝から雨がぱらついたり、
陽がさしたりと、目まぐるしく変わり、
北の方では、雪になっているようだ。

昨日、地域の北須磨小学校の「とんど焼き」の、
竹組みの準備に出向く。

総勢20名ぐらいの地域住民の人たちと、
近くの須磨離宮公園から職員の手により切りだされた、
大竹を手わけして、小学校のグランドに運ぶ。

そして円錐状に組み立てるのだが、
竹がしなり、思うに任せず、
悪戦苦闘しながらも、どうにか組み立てることが出来た。

そして今日、地域の婦人会の人たちも昨日から豚汁の準備をし、
みなさんに振る舞われていた。

学校関係者のかた、PTAのかた、自治会関係のひとたち、
地域消防団の面々と多くの人の関わりあいで、
「とんど」に火が入り、炎が勢いよく天に向かって伸びる。

竹がやけ、破裂する「ぽ~ん」という大きな音に、
「うぉー」と歓声が上がる。

とんどの中には、新聞紙とアルミホイルにくるまれたさつま芋が、
手分けされ、放り込まれる。

やがて、とんどの火が落ち、
まだ熱さめやらぬ火から、
出来たての「焼き芋」を取り出し、
手で感触をためし、出来上がりをみる。

「うん、よっしゃ、これいけてる」
「まだ、これあかわ」と、
いいながら、次第に焼き芋が焼き上がってくる。

前もって焼き芋と引き換えられる札をもらった人が、
自分の番号を呼ばれるのを待っている。

そうした作業をくりかえしながら、
何百本という焼き芋は、全て皆さんの手に渡った。

今回、とんど焼きの実行委員長を務められたのは、
Mさんという以前から顔なじみのかたである。

10年間、とんど焼きの実行委員長を務められたUさんから、
突然のバトンタッチとなったようです。

とりあえず、一年間ということでMさんは受けたと、
話をしてくれた。

以前から、よく動かれる人との印象をもっていた。
今回、実行委員長というまとめ役を背負い、
緊張感がどこからともなく伝わってくる。

初めて経験するとんど焼きの仕切りという一回性に、
いい緊張感をもって臨んでおられるのが、
見ていて伝わってきた。

どんなことでも、一生懸命になってやっている姿を見るのは、
大変見る側の人間を気持ちよくさせてくれる。

Mさんは、「私がやることで少しでもお役にたてるのなら、
みなさんに支えられながら、やっていこうと思う」と、
私に語ってくれた。

Mさんがさらに、「やはり常に人は、謙虚でないといかんと思います、
一人では何もできなり、皆さんのお蔭なんです」と、話された。

話をしているときのMさんの目は、輝いていた。
久し振りに新鮮な感覚をMさんから感じた。

Mさんの後姿に、
実直な気持ちがクオリアとして立ちがある。

そんなMさんを中心に大勢の人の協力で、
「とんど焼き」は、無事終了した。

「しんどい思いしたぶんだけ、
楽しさも違いますね」と、Mさんが深く息を吸いながら話す。
沢山のドーパミンが、Mさんの脳を席巻しているでしょう。

暖かな豚汁と、ふかふかの焼き芋、
そしてひたむきな人の心の清らかさにふれ、
恵みの多い時間を過ごせた。

神戸も雪模様に変わっていく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック