赤という色と、のぼりの揺らぎに

先週の土曜日の夕刻パンを買いに、
御近所のパン屋さんへいくと、
しばらくぶりにそこのご主人が座っていた。

私より先輩にあたるKさんは、
目の前においてあるチラシを見ながら、
パン焼きの窯の前で私に話しかけた。

年末ともなると商店街の売り出しのチラシがはいる。
須磨寺前商店街は今月の27,28日に「100円市」をやる。

そのことに触れ、何かをやろうといって、
今回の「須磨寺商店街100円市」が決まり、
実行の運びとなったことを大変喜んでくれている。

Kさんと最近の世の中の景気の話などをする。
そばで、息子がパンの生地を練っていた。

常にKさんからは、頑張ってくれの励ましをもらう。

「なあ、吉川君何にも手伝わへんのに、
いろいろいうて悪いけど」といつもの調子。
「何、ええからいうてよ」
「あのな、年末やし、
いつものように旗をぼちぼち上げたらなあと」
「ああ、それやったら来週の初めに上げるよ」と、
いうと、
「ああ、そうか」と、ほっとした様子を見せていた。

昨日、数人の世話役の人と一緒に、
「智慧の道ののぼり」をあげた。

何かをきっかけに元気ずけになればと願う。

今朝、店を開けて昨日上げた「のぼり」を眺めてみる。
整然と並んだ赤ののぼりが、朝日を浴びて凛としている。

何ともいえない朝の静けさの中に、
赤の智慧の道ののぼりが、
元気をくれる。

逆光の朝日のもと、
赤という色と、のぼりの揺らぎに、
クオリアを感じる。

さあ、今年もあと残すところ僅か、
やるべきことをしっかりとやっていこう。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

一の谷
2008年12月16日 14:55
私は須磨寺商店街を通って小学校に通っておりましたので、つい懐かしく思い、訪れました。 毎月21日にはお大師さんで賑わい 帰り道に 飴を買って帰るのが楽しみでした。 長い間、訪れていませんので 写真を見ても ピンとこないのですが。
須磨の町も、震災の後にずいぶん変わってしまったのでしょうね。また遊びにまいります。  

この記事へのトラックバック