ドーパミンというお年玉をもらう

「~さんのお店は何出すん?」
「ええ、ほんまかいな」
「それ、ごっついええやん」
「そうか」と、活発な会話が弾む。

昨日の須磨寺前商店街の会合でのこと。
今年最後の集まりとなったが、
年末12月27,28(土、日)の二日間に開催する、
「年末須磨寺商店街100円市」について、
元気のいい声が飛び交った。

一年間の来街者の方への感謝を込めて、
来られるお客様も迎える我々も、
共に楽しめる企画として立案され、
実行に移すこととなった。

次代を担う若手の発案から具体化し、
準備も着々と進んでいる。

ポスター作り、折り込みチラシ、立て看板の設置等々、
段取りが今週から来週にかけて行われる。

何かをやろうという気持ちが、形になってきた。
あまりにもいいことがなく、
暗いニュースばかり、
ちょっと一年の最後ぐらい楽しんでもらおう。

喫茶RのNさんに、
「何を100円でしてくれるん?」
「うん、ぜんざいや」
「餅ははいるんやろな」
「もちろんや」と、冗談をいいながら、
それぞれのアイディアを話し合った。

手作りで小豆を炊くところから始める。
力がはいっている。

私は、早速予約をした。
そうすると、私もとAさんが名乗りを上げる。

これこれ、私の待っていたのは。
日頃難しい顔をしていることが多い。
こんなことも、あっていと思う。

どんな内容でやるかは、
おいおい各店舗から公表される予定で、
楽しみが、また増えます。

先月この企画が経ちあっがった時は、
いまいちどうなっていくのか不安もあったが、
昨日のみなさんの反応を見て、
やってみなければ何も掴めない、そう確信した。

そして「須磨寺前商店街100円市」が終わると、
一年の総決算「須磨寺光の回廊」をやります。

200メートル強の須磨寺前商店街を、
須磨かるた灯篭とロウソクの灯りで、
初詣のひとたちをお迎えします。

今年も「お大師広場」でお茶のお接待をし、
新年のカウントダウンをします。

私たちの一年は、
新年の朝2時ごろの片付けを終え、締めくくりとなります。
やるべきことがあるということは、いいものです。

一年の総決算の行事を済ませると、
私は、ドーパミンというお年玉をもらう、
これもまた楽しからずや。

画像

100円市チラシが出来上がりました

画像

平成19年12月31日光の回廊の準備風景

画像

20年1月1日を迎えた様子

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック