よくがんばったで賞

心配していた天気も、
曇りがちながら、
雨はまぬがれ、
元気よく、農業体験へと出かけた。

総勢27名、内こどもが5名、
地域交流をしている西区の神出町へ。

車で約35分ぐらいで、
目的地に着く。

現地では、西区の自治会長さんはじめ、
世話役の方の出迎えを受けた。

本日の農業体験のスケジュールを、
全員で確認し、
まずは、「芋の苗植え」、次に「ジャガイモ掘り」と、
土と格闘する。

昨日の雨でぬかるんだあぜ道に、
足を取られないように注意しながら歩く。

歩くごとに長靴が重たくなっていく。
普段では、経験することのない、
不安定な歩きを楽しむ。

平坦な道に慣れた足が、
滅多にない土の感触に、
戸惑いを覚える。

自然の中での農作業は、
しばし普段のわずらわしさを、
忘れさせてくれる。

田植えに入ると、
最初躊躇していた子供たちは、
時間がたつにつれ、
泥にまみれながらも、田植えに挑戦。

農作業を終え、
水をかけてもらい、
体についた泥を落とす。

畑から戻り、お昼ご飯をいただく。
こころからのおもてなし、
釜めしを、全員で御馳走になった。

本日のよくがんばったで賞が、
西区の自治会長から発表された。

田植え作業で、泥まみれになり、
がんばった女性と、
私の友達5歳児S君、
小学生の女の子の3人が選ばれた。

景品の野菜をそれぞれ、
受賞者が受け取り、
拍手を送り、
頑張りをたたえた。

昼ごはんをいただき、
須磨へと帰ることに。

にこやかな顔になり、
またお会いしましょうと、
現地をあとにした。

いいふれあいをさせていただいた。
いつあっても変わらない西区の皆さんの笑顔。

心地よい疲れをお土産に、
今夜はぐっすりと眠ることが出来るだろう。

今度は、9月末に訪問を予定している。
画像

さつま芋の苗を植え付ける

画像

ジャガイモを掘り出し中

画像

本日の収穫「ジャガイモ」たちです
画像

只今、田植え中!



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック