本を読むことは、最大の「宝物」

昨日の産経新聞に、
大阪大学名誉教授の加地伸行さんが、
「国語力低下」を主題にした記事の中で、
読書の持つ意味を話していた。

本を読むことについて、
加地さんは、このように書かれてる。

人間にとって本を読むことは、
最大の「宝物」だと思うのです。

本は過去の知識・智恵の蓄積であり、
新しいものを生みだす動力となってくれます。

読書は考えたり、
書いたりする力、
そして情緒を養います。・・記事本文より

そして、読書は習慣づけるように、
子供のころからするとよいともいわれている。

読書の大切さは、
多くの知識人が語っている。

改めて、加地さんの記事を読み、
読書の大切さ、素晴らしさを痛感する。

最近、地域交流で大学生と接する機会もあり、
就活(就職活動の略)に忙しいと聞くと、
私は必ず「本を読んでる?」と聞く。

自分が茂木さんの「クオリア日記」に触発され、
還暦手前で本を読むことに目覚め、
今に至って、続けていて良かったと実感するからです。

特に何かを表現しなければいけない時、
本を読んでいなければ突然浮かんでくるなんてありえない、
そう思うからです。

加地さんもいっておられるように、
何事も積み重ねだと思う。

私も再び本を読みだし約2年、
一年目を過ぎたころから、
知識の繋がりを感じるようになった。

そうなると、面白くなってくる。

そのことを事あるごとに、
特に若いひとに話し、
「本読んでる?」と問う。

同時に自分にも。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック