灯篭の明かりが歴史をつなぐ

幸いお天気もよく、
絶好の花見日和となり、
多くのひとが、須磨寺へ来られ、
夕方から「須磨かるた灯篭」の灯りで、
夜桜へのお出迎えとなる、
道しるべとした。

「須磨かるた灯篭」の灯りが、
心を癒してくれ、
ほのぼのとした感じがすると、
見ていただいた方の感想です。

灯りが持つ癒し感が、
見る人の心を自然と和らげる。

話を聞きつけて、
神戸新聞の記者の方が、取材にこられた。

「この灯りが歴史を受け継ぐことになりますね」と、
歴史を受け継ぐことの大切さを、訴えられた。

明日の朝刊に掲載されるそうで楽しみです。
神戸新聞の記者の方が、
「これからも、きめ細かく取材するつもりです」と、
心強い言葉を残して帰って行かれた。

須磨寺前商店街の会員の方の協力により、
実現した「須磨かるた灯篭」の灯りの誘いは、
見る人のこころに深く残ると確信しました。

多くの人の小さな努力の結晶が、
灯りをともしました。

歴史は継承することに、
その意味がある。

是非、須磨寺前商店街の「須磨かるた灯篭」の灯りを案内役に、
須磨寺公園のライトアップされた桜を、
満喫してください。

明日、4月4日も午後6時から9時まで、
「須磨かるた灯篭」の灯りを、
楽しんでいただき、
散策がてらに、夜桜をめでるのも一興かと。

画像


画像



画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック