輝け社員、よみがえれ会社 工場再建・山田 日登志

日本の物作りに革命を起こし、
常に50もの工場の再建に関わり、
日本全国を駆け回る一人の男がいる。

NHKプロフェッショナル「仕事の流儀」、
工場再建請負人のカリスマと、
多大な評価を受ける工場再建のエキスパート、
山田 日登志が、番組に登場した。

山田は、岐阜県に住まいし、
まず平日、家にいることはない。
全国から工場再建の依頼を受け、
家を留守にする。

山田の出発点となったのは30年前、
出向いた先は「ふりかけ」を作っている工場。

そこでの山田の目は、「ムダを取る」という、
厳しい目で工場の現場をみる。

けっして「あらさがし」じゃない、
工夫すれば、効率がよくなるという視点がある。
そこには、厳しいが山田の愛を感じる。

山田は単にリストラによる、
経費削減だけを目的とはしていない。
ラインをふやし、ムダな人員をあらたなラインを設置し、
新製品の開発をし、次なる数字に結びつけようとするもの。

山田の目指すところは、
単に「ムダ」を取ることではない、
どう改善していくかを、やる当事者に考えさせる。

やるのは、自分たち、
自分たちのためにやるんだと、
意識付けすることに力を注ぐ。

山田は、これまで赤字続きの会社を、
いくつも黒字に転換してきた。

それは、マジックではなく、
事実として、山田の指導を真摯に受け止めた、
現場の人間の努力の結晶である。

山田は時には、無理難題と思えるようなことを、
現場に要求する。

常に高みを求める山田にとって、
「やれば出来る、工夫すれば」の気持ちが強い、
だから、「覚悟をもって、つき返す」。

中途半端な妥協は、山田はしない。

厳しい条件を乗り越え、なし得たときの喜びを、
しっかりと記憶させ、成功体験をあらたなステップへと、
導くものとしようと、山田は考える。

と、同時に工場の現場の人間は、
難しいと思われたことをやり遂げられた時、
もっとよく出来るはすずと、「欲」がわく。

もうやらされ仕事ではなくなってくる。

仕事の喜び、対価はお金だけだろうか?
山田はそこに疑問を感じる。

達成感を喜びと感じる、
感動できる人間であれと、
山田は訴える。

工夫が生んだ効率化、
一人でいくつもの工程をやる、
新たなスペースをつくり、
仕事の流れをよくする。

出来るだけ、自分の身近に配置することによって、
秒単位の作業効率があがり、
それが積もり積もって、効果を生む。

それを山田は、山形の機械工場で、実践し、
3年で黒字化を果たした。

工場再建のカリスマ、山田は、
「セル生産方式」とよばれる、
ベルトコンベアーの多くの人を配置せず、
一人、または数人という少数でやりくりをし、
その名をはせることとなった。

山田の原点は、社会人として入った財団法人で、
地域産業の再建に取り組んでいたが、
自分の無力さを痛感することとなる。

32歳の時、トヨタの大野研一を知り、
直訴し弟子入りを許された。

「トヨタのかいぜん」がベースとなっている。

7年間の修行生活を経て、
39歳で独立し、地元の工場をよみがえらせた。

80年代に入り、人件費、40分の一との戦い、
アジアの安い人件費との戦いにやぶれ、
多くの工場が閉鎖に追い込まれた。

山田は、かって指導した工場の従業員に、
もう希望がもてないと聞かされ、憤りを覚える。

山田は、これからの日本のもの作りにとって大事なことは、
仕事が楽しいと感じられる人を育てること、
そう断言する。

3月、山田は大きな仕事に立ち向かう。
飛騨高山にある、老舗の家具メーカー。

足かせとなっているのは、「伝統」。
あらゆる点で、しばりがかかる。

職人のプライド、
伝統を変えることへの不安。

いいものを作らなければ、
いままでこれでやったきたのに、
それらを打ち破れない。

ここで、山田は2年間いろんな提案をしてきたが、
成果をだせていなかった、勝負の3年目。

ここで山田は、大鉈をふるう。

職人技「曲木・まげき」が、ポイント。
その技の精度を落とさず、
いかに効率良くするかを、
現場の人間に考えさせる。

過去を否定された職人たちは、
大きな抵抗感をいだく。

「あえて、鬼になる」

山田のぎりぎりの選択。
職人たちに目覚めるようにしむけていく。

伝統に裏打ちされた職人たちの、
プロの意地をくすぐる。

やってやろうという気を起させた。

「工夫の余地は、無限ある」
智慧は枯渇することはない。

人間追い詰められれば、
思わぬアイディアが生まれるもの、
必死さがそうさせる。

山田が、それを一番実感している。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック