カウントダウンやってください

寒空の中、元気にお寺へと向う人たちの群れ、
それぞれの一年を振り返り、
来る新年に思いを馳せて、
足早に、白い息を残していく。

須磨寺では、恒例の除夜の鐘がつかれます。

108の煩悩に合わせて、
先着108人のひとに鐘つきに並ぶと、
絵馬がもらえる。

2007年紅白歌合戦が終わる頃から、
須磨寺へ初詣に行かれる人が、
それぞれの思いを胸に、
お寺へと足を運ぶ。

2007年12月31日、
午後9時過ぎより、
須磨智慧の道を光の回廊でお迎えし、
日付が変わる頃、
「カウントダウンやってください」と、
お参りの方からの声かけで、
「3,2,1、新年おめでとうございます」と、新年を迎えた。

見ず知らずの人たちとの、
「おめでとうございます」、
そこには、永年受け継がれた伝統があり、
人と人を楽しく結びつける。

芯から冷える、大晦日から元旦に、
暖かいほうじ茶のお接待に、
多くのお参りの方が、足を止めて一息をつかれた。

「ああ、おいしい」「あったかい」と、口々に、
話の花が咲き、「ありがとう」の声を残して、
家路へと。

見知らぬ人とのひと時の会話を楽しんだ。

段取りに時間をかけ、
多くの人の協力で、
今回も多くのかたに喜んでいただけた。

楽しくないと、元気になれない。

そのことのために労苦はつきもの、
多ければ多いほど、
終わったあとの開放感とか達成感は、
何ともいえない
格別なものがある。

私の脳の中に、
ドーパミンが広がるのを体感した。

去年も紅白は見れなかったが、
茂木さんは、結構ノリノリだったと家内に聞いた。
音楽大好き人間の、茂木さんらしい。

楽しみましょう、人生を、
そのための努力はおしみなく、
皆さんの笑顔がご褒美。

明けて2008年、
朝から、須磨寺前商店街の婦人部「須磨さくら会」の、
メンバーによる「琴の演奏」と、桜茶のお接待に、
初春を感じながら、琴の音に魅せられていた。

須磨智慧の道を通れば通る(合格する)、
そういわれております。
受験生のみなさん、お待ちしております。

手作りでお迎えした2007大晦日~2008年元旦。

今年も須磨智慧の道、
須磨寺前商店街をどうぞよろしくお願いします。

画像

2007年大晦日 須磨智慧の道「光の回廊」

画像

2007年大晦日 須磨寺お大師広場」にて、手を震わせながら暖かいお茶でお出迎え

画像

2008年桜茶で皆さんと新年を祝う

画像

六段から始まった、琴の音にしばし寒さも忘れる



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック