子ども達の元気な太鼓の響き

晴れという日を与えられことに、
感謝をし、無事一つのイベントを、
終えられた。

何度となく、繰り返してきた催し。

何回やっても、毎回違う。

 これで、よかったのか、
来られた人たちは、
満足してもらえたのか?

 いつまでたっても、
永遠の課題かもしれない。

 何事もなく、終了した、
そのことに、それ以上の思いを、
付け加えるのも、少し気がひける。

 今日(11/4)の、秋の「神戸・須磨寺楽市」、
一味違った、思いを抱いた。

 いろんな人との出合いを、
大切にしていこうと思う。

 多くの人の参加と、協力、
それなくして、成り立たない、
一つのまつりごと。

 歴史は、これから作られる、
その過程に携わってこられて、
良かった。

 フリマに参加してくださった方と、
来場いただいた人たちとの、
触れ合いの暖かさ。

 神戸女子大の学生たちが、
子ども達と一緒に、
楽しみの輪を作る。

 そして、私の仲間たちの、
餅つきには、長蛇の列が、
出来るくらいの人気。

 それらに、加えて今回初参加の
子ども達の元気な太鼓の響き。

流れが、新たな勢いが。

 もし、ありとすれば、それは子供たちの、
英気かもしれない。

 余りある、エネルギーが運んでくれるのものは、
計り知れない。

 太鼓の響きが、これほどまでに、
感動するものか。

 太鼓を叩いていない、
子供の姿を見た、
間違いなく、同じ子ども達だった。

 普段の顔から、
太鼓の前での真剣な表情に、
変わっていくのを、私は目撃した。

今までと違うシーンに、感動。

これも、今までの繋がりだと思う。

楽しめなければ、楽しくない!

皆さんの笑顔が、一番の御褒美。

画像

画像

画像


画像

画像








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック