リンゴは愛で育てる 農家・木村秋則

NHK「プロフェッショナル」で初の農家のお話であった。昨日12/7(木)茂木健一郎がメインキャスターを務める番組「プロフェショナル」(午後10:00~10:44)が、放送された。

木村さんのリンゴを使った「リンゴスープ」が評判の店が、東京の白金台にある。その店のシェフは、生産者の魂が入ったりんごだという。

とにかく、木村はよく笑う。いつも笑顔を絶やさない人である。

農家・木村秋則は、青森県・弘前市に2.4ヘクタールの農地に600本のりんごを育てている。木村は、毎日「リンゴ」に「ありがとう」の言葉をかけ、リンゴに感謝している。

木村の「リンゴ栽培」へのこだわりは、「無農薬」、化学肥料は使わない。不可能といわれたのを、可能にしたのは、畑作りにあった。

当然雑草は、伸び放題。出来るだけ自然に近い状態で、「リンゴ」の持つ生命力を大事にし、りんごの木が育ちやすい環境をつくってやる、そこに木村のこだわりがある。雑草がバランスを取っている、それによって助けられていると木村は思うのである。

木村はいう「育てない、手助けをするだけ」、これが木村の流儀。農薬ではなく、「酢」を使って殺菌する。散布するのも、機械を使わない。地面をかたくし、傷めてしまうからと。木についた虫も自分の手で取ってやる。自分の目で、自然を観察し、リンゴの木に愛情を注ぐ。

「私の栽培は目が農薬であり、肥料なんです」とは、木村ならではの生きた言葉である。

木村にとってこれまでの道のりは、苦労の連続であった。木村が農薬を使わくなったきっかけは、自身が農薬により皮膚がかぶれたのを経験したからであった。

3、4年リンゴの収穫には結びつかず、どん底の生活を強いられた。極貧生活ともいえる木村の生活は、畑の雑草をも食糧とし、子供たちの消しゴムも満足に買えない生活が続いた。

収入の無くなった木村は、生活費を稼ぐため、キャバレーの呼び込みもし、、出稼ぎにもでた。一端諦めかけた木村を思いとどまらせたのは、娘の一言であった,「何のためにがんばってきたの」。

そんな木村に転機が訪れたのは、皮肉にも6年目に入り絶望感いっぱいで、死を選択し、その場所探しに行った「岩木山」の山中で見たドングリの木である、そのどんぐり木の栽培にヒントをつかむ。

どんぐりの木には害虫がおらず、病気も少ないことに着目し、木の根元を掘り返すと、とにかく柔らかかった。手で掘り返せたのである。これだ、この環境をリンゴ畑に応用しようと木村は考えた。

8年目の春、起こったのです奇跡が。木村の目に飛び込んできたのは、畑一面のリンゴの木が、白い花の花畑に変わったのです。

それは、豊かなリンゴの収穫を予知する出来事、木村は涙を抑え切れなかった。努力がむくいられたのである。あきらめず、リンゴに愛情を注ぎ続けてきた甲斐が。

花をさかせたのは、リンゴ自身「主人公はりんご」と木村は考える。ようやくリンゴがわかってくれた。そしてりんごの木と木村は乾杯をした。

不可能を可能にしたのはという問いに、木村は「答えはなし、バカになること」そう答えた。

木村に弟子入りしたいと、申し出た人物がいた。今年、60歳になる元建設会社社長佐々木悦雄である。リンゴ栽培に挑戦したいと言ってきた。

岩手県・遠野そこが、佐々木のりんご作りの挑戦場である。

木村から、伝授された手作業での酢の散布を佐々木は忠実に守らなかった。こともあろうに、スプレイヤーを使ったのである。リンゴの木の環境をこわしてしまったのである。その結果、一番大事な土を柔らかく保つという条件をこわしてしまった。

8月になり、リンゴの木の葉がすっかり落ちリンゴの木が枯木のようになる事態をむかえた。

それから2週間後さらに追い討ちをかけるように、佐々木に衝撃が走った。リンゴの木に狂い咲きの花が咲いた。

その時に、佐々木は自分の手抜きを反省し、未熟さを思い知らされた。

その後、佐々木は気を取り直し、もう一度木村の指示どおり手作業で酢の散布をした。収穫の時期を迎えたが、ほんの少しのリンゴしかならなかった。

愕然とする佐々木に木村は優しく声をかけた。まずは一歩から、徐々に辛抱づよくやればいつか実るときがくると、励ました。

木村のこだわり、技術はあと心がさき・・重いことばである。木村は佐々木に一つの壁はこえたと佐々木をたたえた。

こんな言葉で木村は、番組を結んだ。

「技術も心も伴った人が、プロじゃないでしょうか」


















この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • リンゴのベタベタ

    Excerpt: リンゴの表面がべたべたして触るのが厭なものがありますがこれは果実が果実自身を守る為に分泌している物質(ろう質のもの)ですから我慢してください。熟するにつれ、リノール酸やオレイン酸がふえて皮にふくまれる.. Weblog: リンゴ racked: 2007-06-08 16:19