須磨寺ものがたり

アクセスカウンタ

zoom RSS どうしたらお茶を美味しくだせるの?

<<   作成日時 : 2012/11/27 11:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

弊店・茶の森園のお客様から、どうしたらお茶を美味しくだせるの?お茶を美味しくだすのは、難しいですねと、よくお尋ねがあります。

決して難しいことではありません。

ひと手間かけていただくことをお薦めしています。
お料理もそうですが、一工夫するかしないかで、
お味が違ってきます。

お茶を美味しくいれるには、
大事なポイントが二つあります。

ポイントその1。

お湯の温度に気を配っていただくこと。
上質の煎茶になればなるほど、
熱いお湯だとせっかくの旨みが出ません。

簡単な方法としては、ポットのお湯を直接急須にいれないようにすることを気を付けてください。最近の保温ポットは、90〜95度くらいに保つようになっているので、これでは熱すぎます。まず、人数分のお湯のみにお湯を注ぎ、ひとさまししてから、湯飲みのお湯を急須にいれる。これだけでも、湯の温度は下がります。

ポイントその2。
茶葉の量です。多くのお客様とお話しをして感じるのが、茶葉の量が少ないように思います。目の前でお入れすることがありますが、「結構、たくさんお茶をいれるんですね」というお客様の声をよく聞きます。

一人何グラムというご質問を受けますが、
わかりやすく、煎茶用の急須(3〜4人)のもので、
急須の底が軽く茶葉が盛り上がるぐらいと申し上げてます。

例え、一人で飲むときでもそれぐらい入れております。

そうすると、二煎目も美味しくいただけます。
二煎目の時は、さほどお湯の温度を気にせずに、
いれてもいいでしょう。

結構、さっぱりとして味を楽しめます。

お客様が来られると、ついつい待たせてはいけないと思われ、短時間で済ましたいと急がれるようです。目の前でお茶をお入れすると、お客様も待って下さるものです。お茶は、時間を楽しむことが大事だと考えます。

一度、お試しください。

ほうじ茶、番茶、玄米茶などは、熱いお湯で出す方が美味しく、香ばしさもでます。

これから、ますます緑茶が美味しい季節になります。
気分転換にゆっくりと時間をかけてお茶を出すのもいいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
どうしたらお茶を美味しくだせるの? 須磨寺ものがたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる