須磨寺ものがたり

アクセスカウンタ

zoom RSS ボクらの時代 安田成美×銀粉蝶×中井美穂

<<   作成日時 : 2012/11/18 11:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

女優二人安田成美、銀粉蝶とフリーアナウンサー中井美穂、という女性たち3人の気軽なトーク、今朝のフジTV「ボクらの時代」は、明るい雰囲気で展開された。

安田と中井は、1989年TVドラマ「同級生」で共演して以来、親交を深めてきた。その二人が、共に尊敬し、慕うのが、女優・銀粉蝶である。自ら、夫と二人で劇団を立ち上げ、アングラ劇団最後の女優といわれたりする。今は、名バイプレヤーとして存在感を発揮している。

ドラマに初めてでた当時フジTVの局アナだった中井は、演技経験は全くないまま、「泣き」のシーンも悲しいことを思い出し、涙がうまく出て、こなすことができた。銀粉蝶は、トーク番組が苦手。何を話していいかわからないという。

そこは、中井がいる。現在、フリーアナウンサーとして活躍中で、アナウンサーの性ともいうべき、「話をまとめにはいる」ひとがいる。普段の会話でも、仕切り役みたいになってしまうという。そんな中井にとって「女優って生き方問い人がいるが?」という質問を二人にした。

ベテラン女優である銀粉蝶は、芝居を100%仕事と思ってやっていない。ものづくりとしてやってきた。だから、生き方とはまた違うように考えている。一方、安田は、全身全霊でやっている仕事。女優は、何もかもが仕事にでてしまうと話す。

演劇を目指す若い人に苦言を呈する銀粉蝶。何が趣味で、何が楽しいのか、何が好きなのか、わからない人が多いいと不思議がる。一方、蜷川幸雄が主宰する劇団員は、全員55歳以上で、芝居が好きで集まってきた人たちが、オーディションを受けてなった。だから、圧倒的な存在感を感じると、芝居すきの中井が評していた。

役者は、うまい技術でやっていけるものではないと、銀粉蝶の説得力のある発言が飛び出した。銀粉蝶は、芝居をいつ辞めてもいいと思いながらやってきた。年齢を重ねた今、それがいえなくなった。かえって、それでよかったと思っている。

安田は、2人目の子供が生まれたとき、自分が女優として終わったと思った時期があった。母親の生活をして、TVから遠ざかり、焦ってもいた。母親は、毎日がドラマのようなもの。だから、人の書いた違うストリーには入る気がしなかったと語った。

中井、安田ともに今年、父親をなくしている。中井は、ガンを患い、長い期間闘病生活を送らなかった父だったので、介護を考えることはなかった。一方、安田は、父が脳梗塞で倒れ、危ない状態から生還した。その時に、介護のことを意識し、介護施設を見に行った。そんなことをしているうちに、介護施設にはいることなく父がなくなった。

安井は、今介護の世界を描いたドラマをやっている。現実の介護の施設は、お金がものをいう世界だと感じた。けっしてきれいごとではない。

子供の名前を付けるという話題になった。

安田は、特にこれという意識もなく、主人である木梨憲武が、男なら「こんな名前」と決めていて、あまりかんがえるということはなかったという。一方、銀粉蝶の場合、子供が生まれて2週間ほどたっても名前が決まってなくて、苗字の「吉田さんの子ども」と呼ばれていたと、笑った。

安田の息子は、18歳になった。その息子とランチデートしたとき、会計をしようとした安井に、「別々に会計しますか?」と、カップルのように思われたと、まんざらでもなく、嬉しくなったという。

子育ては?
安田は、もともとアバウトな自分だし、なんでもできる方でないことは、子供たちもしっていて、校外学習に行くときには、自分で用意をしていると話した。

子供のいない中井だが、自分が専業主婦の母になんでもやってもらって育ったので、洗面台の鏡が汚れているのを、拭き掃除をしたいなかったからだと、母の指摘をうけるまで、気がつかなったとう、呑気ぶりだ。銀も料理はするが、掃除は苦手。

子供の教育について?
安田は、子供がほしがるものを何でも与えることをしない。その年齢にふさわしくない高価なものをものは、考えさせ、父のもっているものを借りることを教えた。

結婚して基本的に女は変わらないというのが、3人の女性たちの結論である。喧嘩はするが、喧嘩にならなくなたと、年齢をかさねて実感するという銀粉蝶。安田も中井も、結婚しても変わらないという。

子供がいても、いなくても、それは関係のないことだと、銀粉蝶がいった。子育てを終えると同じなんだよとも話した。

堂々と自分らしく生きてきた3人の女性の肩の力を抜いた、気軽な話し合いで、素直に3人の会話を聴くことを楽しむことが出来た。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボクらの時代 安田成美×銀粉蝶×中井美穂 須磨寺ものがたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる