須磨寺ものがたり

アクセスカウンタ

zoom RSS アシタスイッチ 及川光博×美輪明宏

<<   作成日時 : 2012/08/06 14:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

01年美輪明宏が主宰する舞台に及川光博が出演して以来の付き合いのある二人が人生について語り合った。

二人の最初の出会いは、トークショーで及川が美輪と共演する機会があり、楽屋に及川が挨拶にいくと、「舞台でお会いしましょ」と、軽く断られたと笑いながら、及川が語った。及川にとって、人生二度目の大緊張。ちなみに、一度目はファーストキッスだそうです。

普段の生活が見えないとよく言われる美輪。ご本人は、いたって規則正しい生活で、あくまでも仕事中心の生活だという。

及川は、もともと王子願望があった。それが売りで芸能界でスターになったが、人の目を気にしてばかりで、嘘をついても愛されようとしていた。

及川の奥さん、女優の檀れい。檀は、いつも笑顔の人だという。美輪は、檀れいを及川にとって「心の同志」のような存在だといった。

及川は、優しい父といつも笑顔の母に育てられ、誇りや自信もそこなわず、しかし努力は必要だと両親に叩き込まれ、育てられたという。母、ずっと笑っている人。そういうy人は強い人だと思うと話した。美輪は、人は強くならないと人に優しくなれないといいきる。ニコニコして生きるのが最上級のコツだともいった。

日本人の心の変化について美輪がといた。
今まで、本流でないものがもてはやされていた。「やさぐれ」「不良」がもてはやされ、「正直」「勤労」がダサいといわれ、映画もその流れに沿ったものが受けて時代があった。しかし、最近はそうではなく、正統派が認められ、受け入れられるようになってきた。

男優も女優もそう。

人は、誤解されて当たり前。これが美輪の持論。一人一人が独裁者。自分の価値判断で人を評価してしまう。他人への優越感をえたいから、人を誤った判断でみてしまうという。

劣等感が根底にある人間は、コンプレックスがひどいほど人を陥れようとするものと美輪は語った。及川も小学校から大学生のころまでいじめをうけた。「いじめ」は、りっぱな犯罪だと断言した美輪。

今は、「ロマン」「美意識」が欠落している時代だと苦言を呈した美輪。

流行は関係ない。流行は自分が作るもの。一番大事なのは、外見でなく内面。そのためには、本をたくさんよんで教養をみにつけると、内なるものが魅力になるという。

「笑顔」「微笑み」が人生の手形と優しく語った美輪明宏。自分への厳しさに徹し、何が本物であるかを常に世にとい、上から目線はいけないと諭してきた。すべてに平等であろうとする生き方が多くの共感を癒えている。そのあとを、しっかりと歩んでいるのが及川光博である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
及川光博 トッカンに出るぞー!
及川光博情報 ...続きを見る
流行(はやり)ものには巻かれろ!ブログ。
2012/08/29 10:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アシタスイッチ 及川光博×美輪明宏 須磨寺ものがたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる