須磨寺ものがたり

アクセスカウンタ

zoom RSS コミュニケーションの大切さを改めて知る

<<   作成日時 : 2012/07/06 11:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6月28日から新シリーズが始まったNHK総合診療医 ドクターGを興味を持って見ている。昨日、番組があり、いつものように見た。そして、これって大切だなぁと思うことがあった。

総合診療医 ドクターG」の番組HPには、このように紹介されている。

病名を探り当てるまでの謎解きの面白さをスタジオで展開する
新感覚医療エンターテインメント番組「総合診療医ドクターG」。
あなたの症状も解き明かされる!?

指導役のベテラン専門医が一人が、経験の浅い若い医師3人のくだした診断になぜそう結論づけたのかを問い、もう一度検討する機会を与えて、指導役の医師が、総合的に判断し、診断を確定していく。

ビデオをみて、その中で見られる症状や、Vの中で登場する医師の問診を参考にしながら、新人医師たちが診断をつけていく。一度目の診断と二度目の診断が変わったりする場面もよく見かける同じ内容のビデオを見ても、三者三様の着眼点の違いがあり、それによって導かれる診断も違ってくる。

番組を見ていて、問診の大切さと、患者が必ずしも全てを話しているわけではないのがわかる。それは、自分が患者として医者の前に出て、全て包み隠さずいっているかというと、そうでもないことがある。患者が先に判断して、医者に告げないこともある。

いかに、患者から問診の際に聞きだすかも医師としての大事な使命のように感じた。いろいろと尋ねてもらえることが、患者として安心感に繋がる。何でも、検査、検査の時代。検査を否定するつもりは、全くないが、患者と向き合う医者には、患者の心を開かせる安心感や信頼感をいだかせることが大事だと思う。

なんでも話せるホームドクターの存在の重要性を痛感した。

私にも何でも気軽に話せるホームドクターが近所にいます。それによってもたらされる安心感は、何物にも代えがたいものがある。

これは、医師と患者という立場で作られた番組だが、人と人との関わりにおいて、コミュニケーションの大切さを改めて知る機会となった。

最近、メールのやりとりだけで仕事の依頼が進む場合が多い。つい、この間、どうも互いに誤解があるなぁと感じることがあった。その原因の一つに、互いのコミュニケーション不足にあると思った。早速、来週、会うことにした。やはり、顔が見えることは、欠かせないことです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コミュニケーションの大切さを改めて知る 須磨寺ものがたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる