須磨寺ものがたり

アクセスカウンタ

zoom RSS インフルエンザと絶対湿度の関係?

<<   作成日時 : 2012/02/04 10:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今、インフルエンザが日本中で、猛威をふるっているが、どうやら絶対湿度という存在がインフルエンザと関係があるらしい。絶対湿度とは、何?昨日の、TV朝日ワイドスクランブルで放送されました。

一般的に私たちが、湿度というときには、「相対湿度」をさし、空気中の水分の割合をいうのに対し、「絶対湿度」とは、1㎥の空気中に何gの水分があるかを差す。

インフルエンザが始まるのは、1㎥の空気中の水分量が11g以下からはじまるといわれる。インフルエンザが好まない環境は、温度21℃、湿度60%、絶対湿度11gだという。

それより、まずはこまめに手洗いとうがいをすることです。

近所のお医者さんから家内が聞いた話によると、寝る前の部屋に湿ったタオルをかけておくだけでも湿度対策としては効果があるとのこと。これなら、手軽にやれます。

以前、加湿器を一晩中、つけっぱなしで何日間がやり続けたことがありましたが、電気代がバカになりませんでした。

インフルエンザは、熱が下がってもウィルスはまだ体内に残っているらしく、5日間ぐらいは外に出ない方が他の人にうつる危険性が低くなるからと、医師もいっております。

インフルエンザにかからないようにすることと、うつさないようにすることを同時に意識しよう。

こまめに手洗いとうがいをすることですね!
こらならやれそう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
インフルエンザと絶対湿度の関係? 須磨寺ものがたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる