須磨寺ものがたり

アクセスカウンタ

zoom RSS アスリートの魂 プロ・テニスプレーヤー 錦織圭 “カッコ悪くても 勝つ”

<<   作成日時 : 2012/01/24 10:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

プロ・テニスプレーヤー 錦織圭は、現在世界ランキング26位。今、開催中の全豪オープンで自身初となるベスト・エイト進出を決め、未知なる領域ベスト・フォーへに挑戦する。

何がここまで錦織を強くさせたのか?
今までは、「エヤー・ケイ」の愛称で呼ばれるジャンプして強烈なショットを打つ超攻撃型のプレースタイルだったが、それが相手選手に研究され、低い弾道のボールで打ち返され、十分にジャンプ出来ず、持ち味を封じられ、それが成績不振へと繋がった。

プロ・テニスプレーヤーとして「試合に勝つ」ことの大切さをいやというほど実感した錦織は、プレースタイルを変えた。”ねばり強く守って 勝つ”。それが、“カッコ悪くても 勝つ”=ウィニング・アグリーである。そう決断してから、試合に勝つようになってきた。ランキングも上がり、現在26位。

プロ・テニスプレーヤー 錦織圭の現在を支える二人の男がいる。

一人は、錦織が身を置くスポーツ選手養成機関で去年からコーチを務めるダンディ・ボティー二・コーチだ。彼は、錦織に両足をしっかりとつけてボールを捉える事を指導した。「守って勝つ」というプレースタイルにかえることが勝機に繋がると信じた。その結果が、現在出ている。

試合でのスタミナをアップさせる強い体を作るために、一人の男の門をたたいた。ハンマー投げの室伏選手も指導を受けるロビー・オオハシにコーチしてもらい、より強い体づくりにはげんでいる。ロビー・コーチは、錦織に「自分の体の動きの一つ一つに気をくばり、それをコート上でもいかし、レベルアップさせる」ことを指導している。

錦織は、”勝つことを 諦めない”という強い気持ちで戦えることで実力もあがり、もっと上にあがるチャンスも生まれてくると考えている。今までとは、「違う、一年」になると思うと力強くかたった。

プロ・テニスプレーヤーの松岡修造氏は、「錦織が優勝しても驚かない」といった。可能性を見出している証拠である。

期待しましょう、そして応援しましょう。
頑張れ錦織!

目指せ、全豪オープンチャンピオン!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アスリートの魂 プロ・テニスプレーヤー 錦織圭 “カッコ悪くても 勝つ” 須磨寺ものがたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる