須磨寺ものがたり

アクセスカウンタ

zoom RSS ボクらの時代 小雪×弥生×泉ピン子

<<   作成日時 : 2012/01/15 08:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

シンガソングライターの弥生と女優・小雪は姉妹。その二人と公私ともに親しいつきあいのある女優泉ピン子が仕事、結婚などについてざっくばらんに語り合った。

ピン子と松山ケンイチとドラマで共演した時、小雪の作ったしょうが紅茶の差し入れをよく持ってきていた。小雪とピン子の出会いは、ドラマの食事会に小雪があらわれたことから。みんなちゃんとオシャレしてきているのに、現れた小雪は、普段着だった。姉弥生によると、普段はきどりなく普通にいることが好きのようだ。

弥生・小雪姉妹の環境は?
二人とも両親の自由な環境で育てられた。両親がセレクトショップをしていて、それぞれが役割分担しながらそだってきた。姉妹の間に両親からの愛情の差なく育った。

ピン子は、母が(2才でなくなり後妻に育てられ、母に対していいイメージをもっていない。母親像といのがわからないという。小雪姉妹の両親は、仲良く今は、マスターズで水泳の大会になんかにでるアスリートである。

小雪は、優しい女性だとピン子が証言した。その説に姉弥生も賛成。なぜなら体力のあるひとは、人にやさしくなれるからだと自説を展開した。小雪は、努力家のようですよ。

ピン子の予測では、松山ケンイチと小雪との結婚はないと思っていた。それは、日頃小雪からあまりいい状況ではない話をよく聞かされていたからだ。小雪も結婚に至ったことに驚き、弥生も同じ印象をもった。

小雪の語る松山は、とにかく真面目であるということ。いいところは、嘘をつけないところだという。ピン子がそれにつけくわえるように、松山の礼儀正しさを話した。弥生によると、松山は目利きがいい男で、なかなかのセンスの持ち主だと紹介した。

小雪家のルールは、一日1回は、みんなで食事をする。松山ともそのようにしている。弥生も食事によるコミュニケーションの大切さを知って育った。

長男を出産した小雪。この番組収録時は、妊娠中だった。子育てについては、みんなにそだててもらいたいとのんきなことをいっていた。生まれてくる子供のためにものは、何も用意していないと、ピン子が嘆いていた。

弥生は、一度結婚し、離婚している。もともと結婚願望がなく、何となくしたって感じで、今は結婚というイメージがわかないようです。

ピン子夫妻は仲がよろしようで、弥生によると夫婦が互いに自立していて、互いの円が重なる部分があるからうまくいっていると分析してみせた。

これからについて?
小雪は、夫婦もチーム。芝居つづけるのも大事だし、それ以外のことへの興味もあるという。

ピン子といえば「シャネル」といわれるほど「シャネラー」だったが、今は堪能して着やすさ重視へと変貌している。

ラスト・サムライのオーディションを受けた小雪。待遇はというと、ロスでのカメラテストにファーストクラスで空港からリムジンでのお出迎えを受けたというし、ニュージーランドでの撮影で、現地に家を建ててくれ、近くにスタバまで登場したというスケールの違いをひろうしてくれた。

女優・泉ピン子は、超日記番組「ウィークエンダー」で売れ、女優をやらしたらどうだろうという興味本位から女優になったようなものと、自分で話した。プロ根性は、超一流。

そのピン子、これでいいというものがないので、あきっぽいけど女優の仕事が続いたのかもしれないと言った。今は、主役より脇役に興味をもつ。主役は、いい人でいないといけないからつまらないと小雪も同調した。ピン子は、TVの仕事を客観視してみている。小雪によるとそうでない人の方が、現場では多いいと云う。そこが、ピン子がうるさいと言われることに繋がると自分を評した。

プロとして自立した生活をおくる3人の女性。基本は、何ごとにも真摯に向き合う態度。そして人が大好きであるこt。人との距離感を大切して生きている。それぞれ、気持ちよく生きている感じが伝わった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボクらの時代 小雪×弥生×泉ピン子 須磨寺ものがたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる