須磨寺ものがたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 思い出を描ける今は

<<   作成日時 : 2008/10/30 13:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

朝、店の開店準備をしていると、
手に手に画材を持った集団が、
須磨寺へと向かっていった。

様子から見ると中学生のようだ。
4クラスぐらいだったかな?
画用紙をとめる大きなバインダー、
肩にかけれるように紐がかかっている。

ここ須磨寺では、決して珍しい光景ではない。
気候がよくなり、写生に来る小中学生、
あるいは、趣味で絵を描きにくる人たちが
思い思いのスポットを見つけて座る。

絵を描く対象には、ことかかない。
お寺への坂道の途中やら、
お寺の中でもよく描かれる三重の塔が見える場所とか。

子供のころは、絵が得意でなかった私は、
隣に座る友達の出来栄えを気にしながら、
なかなか、絵筆が進まなかった。

まあ、それでもなんとか描き上げ、
学校に戻って行った。

その当時の心境としては、
とにかく遠足気分である。

学校にいなくて済むというのが、
なんとも心地よかった。

外に出て、友達とわいわいいいながら、
目的地へと向かう。

その時間の流れを楽しんでいた。

思いだした。
牛乳瓶に水をいれ、
絵の具のついた筆を洗ったなあ。

私にとっては退屈な授業だったが、
外の空気が気持ち良かったことは、
しっかりと思い出として残っている。

絵のうまい下手は、別として、
やるべきことをやる。

まあ、自分の望みどおりには、
なかなかいかないものというのを、
わかっていたかどうかは、別として、
自然と経験していくものです。

いろんな時間をへて、
耳順の年齢までこれた。

思い出を描ける今は、
幸せな時間といえる。

年内に、まだやるべきことが、
たくさん待ち構えている。

とりあえずは、直近に迫った「須磨かるた大会」への、
準備をしっかりとやっていこう。
出会う人ごとに、大会への参加を呼び掛けている。

これからも、しっかりと歩みを続け、
人生と対峙していこう。

まだまだ、これからだ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
思い出を描ける今は 須磨寺ものがたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる